口臭対策ナビ - 意外な原因と対処法とは?TOP > 主な原因@ > 病気との関係

病気との関係

 

口臭の原因はいくつかありますが、病気が原因で口臭がしている場合は注意が必要です。

 

口臭がするという事自体とても悩ましい問題ですが、口臭で死ぬことはありません。

ですが、その口臭の原因が内臓系の疾患だった場合、命に関わる重大な病気である場合も少なくないんです。

 

特に、少し不自然な種類の口臭がした時は要注意になります。

 

例えば、糖尿病の場合です。

 

糖尿病患者は、アセトン臭と呼ばれる少し甘い口臭がすることで知られています。

 

これは、体内の代謝がうまくいかなくなっていることの表れなので、この手の口臭を感じたならすぐに専門医に受診するべきでしょう。

 

また、糖尿病患者はのどが渇くのも一つの症状なので、口が渇くことによって口臭が生じることもありますね。

 

別の病気では、胃潰瘍などの胃の疾患も原因となります。

 

胃に潰瘍があったり機能が弱くなっていたりすると、胃の中で消化が十分に行われず腐敗臭のような口臭が肺を経由して出る場合があります。

 

胃潰瘍も放置すると胃がんになったり、胃に出血を引き起こしたりする場合があるので、腐敗臭がする場合には内科を受診して胃のコンディションを確認してもらいましょう。

 

その他、内臓ではないですが蓄膿症によって口臭が発生することもあります。

 

蓄膿とは、鼻の下にある副鼻腔という場所に膿が溜まる病気です。

 

すぐに膿を排出すれば問題はないんですが、膿が長期間溜まったままになると臭気が出てきて口臭として感じる事があります。

 

蓄膿は放置すると頭痛の原因になったりするので、このケースでは耳鼻科を受診する必要がありますね。

 

主な原因@記事一覧

病気との関係

口臭の原因はいくつかありますが、病気が原因で口臭がしている場合は注意が必要です。口臭がするという事自体とても悩ましい問題ですが、口臭で死ぬことはありません。ですが、...

ピロリ菌との関係

ピロリ菌によって引き起こされる口臭も中にはあります。と言っても、直接ピロリ菌が口臭に関係するわけではなくて、ピロリ菌によって胃がダメージを受けた結果、胃の不調によって口臭が...

胃の不調との関係

胃が悪いと口臭がする、あるいはひどくなるという意見を目にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?結論から言うと、答えは「はい」でもあり「いいえ」でもあります。 ...

赤ちゃんと子供の場合

口臭は大人だけでなく、赤ちゃんや子供にも口臭がする場合があります。と言っても、赤ちゃんの場合は歯がないので歯周病になることはありません。口が匂う原因はたいていヨダレ...