口臭対策ナビ - 意外な原因と対処法とは?TOP > 主な原因@ > ピロリ菌との関係

ピロリ菌との関係

 

ピロリ菌によって引き起こされる口臭も中にはあります。

 

と言っても、直接ピロリ菌が口臭に関係するわけではなくて、ピロリ菌によって胃がダメージを受けた結果、胃の不調によって口臭が出てくるという構図です。

ピロリ菌は、正式にはヘリコバクター・ピロリ菌というもので、日本人の成人の多くが保有している菌です。

 

この菌が増殖すると、胃潰瘍や胃炎、十二指腸炎になることが分かっています。

 

という事は、ピロリ菌によって胃のコンディションが低下して口臭が発生するのであれば、ピロリ菌を減らせば胃の不調からくる口臭もしなくなるという事が言えますね。

 

実際にピロリ菌を保有していると、胃潰瘍または胃がんを引き起こすファクターとなるため、ピロリ菌を除去する治療法が最近では盛んに行なわれています。

 

ピロリ菌除菌と呼ばれるその治療法は、最初に胃カメラでピロリ菌を保有しているかどうかを調べ、菌を保有している(陽性)ことが分かった場合に薬を投与します。

 

その薬によってピロリ菌は劇的に減少しますが、完全になくなったかどうかは数ヶ月しないと分かりません。

 

ただ、完全になくならなくてもその間胃のコンディションが改善されるので、口臭がしなくなる場合が少なくないですね。

 

数ヶ月して菌が出現しなければ(陰性)除菌成功ですが、再び菌が出てきたら再度除菌して経過を観察する・・・これを繰り返していきます。

 

ちなみに、完全にピロリ菌をなくさなくても、市販のピロリ菌に効果の高い食品を食べると胃の調子がよくなって口臭が改善されることも多いようですよ。

 

主な原因@記事一覧

病気との関係

口臭の原因はいくつかありますが、病気が原因で口臭がしている場合は注意が必要です。口臭がするという事自体とても悩ましい問題ですが、口臭で死ぬことはありません。ですが、...

ピロリ菌との関係

ピロリ菌によって引き起こされる口臭も中にはあります。と言っても、直接ピロリ菌が口臭に関係するわけではなくて、ピロリ菌によって胃がダメージを受けた結果、胃の不調によって口臭が...

胃の不調との関係

胃が悪いと口臭がする、あるいはひどくなるという意見を目にすることがありますが、これは本当なのでしょうか?結論から言うと、答えは「はい」でもあり「いいえ」でもあります。 ...

赤ちゃんと子供の場合

口臭は大人だけでなく、赤ちゃんや子供にも口臭がする場合があります。と言っても、赤ちゃんの場合は歯がないので歯周病になることはありません。口が匂う原因はたいていヨダレ...