口臭対策ナビ - 意外な原因と対処法とは?TOP > 主な原因A > 歯周病・歯槽膿漏との関係

歯周病・歯槽膿漏との関係

 

歯周病は、歯と歯茎の間のポケットに入り込んだ歯周病菌が、食べ物のカスなどを栄養源に増殖して歯茎に炎症が生じて発生します。

 

歯肉炎がひどくなると、歯周病や歯槽膿漏になっていくわけです。

歯槽膿漏にまで進行すると腫れて膿が溜まるので、痛みで触ることも難しくなります。

 

それら歯周病にしても歯槽膿漏にしても、雑菌が繁殖して口臭が出ますが、痛みで歯磨きがしにくくなることで余計に口臭が発生しやすくなってしまう事もありますね。

 

なので、歯茎が腫れていたり痛みがあるといった症状が出てきたら、歯科医に受診して治療してもらう必要がありますよ。

 

ポケットに作られている歯石を綺麗に取り除き、歯のコンディションを整えるのが一番の対策だからです。

 

治療を続けて歯茎の腫れが引いていけば、しっかりと歯磨きをすることも出来るようになりますからね。

 

ただし、治療が終わっても油断は禁物ですよ。

 

歯周病菌は口の中に残っているわけなので、再発しないよう対策を立てる必要があります。

 

市販の歯周病菌に効果があるデンタルペーストや、洗口液を使うのも一つの方法ですが、特に「薬用歯磨き」と表示されたデンタルペーストには殺菌効果や消炎効果があるので、歯周病を予防するのにお勧めです。

 

ペーストは大量に付ける必要はないですが、しっかりと歯茎までブラッシングして有効成分を浸透させると良いでしょう。

 

歯周病・歯槽膿漏を防ぐことが出来れば、それによって生じる口臭を予防できるし、ブラッシングをしっかりできるので爽やかな息を維持できますよ。

 

主な原因A記事一覧

親知らず・虫歯との関係

親知らずや虫歯も口臭の原因となることが多々あります。よって、こちらではその対策について考えていきましょう。まず、親知らずについてですが、口の中でも一番奥の部分に生え...

歯周病・歯槽膿漏との関係

歯周病は、歯と歯茎の間のポケットに入り込んだ歯周病菌が、食べ物のカスなどを栄養源に増殖して歯茎に炎症が生じて発生します。歯肉炎がひどくなると、歯周病や歯槽膿漏になっていくわ...

タバコとコーヒーの影響とは?

タバコやコーヒーが口臭の元になると考えている人も多いようですが、実際のところはどうなのでしょうか?こちらで一つずつ考えていきましょう。まず、タバコに関しては口臭の元...

食べ物による影響とは?

食べ物が原因でおこる口臭は、一番身近でよく起きる口臭と言えますね。どれだけ口臭に気をつけていても、にんにくや玉ねぎ、納豆などの匂いのきつい食べ物を食べればある程度の口臭が生...