住宅ローンの審査って通りやすいの?

経営者のための住宅ローンを組むには、まず銀行で審査が必要です。
経営者のための住宅ローンは最長35年という途方もなく長い期間の返済になりますので、審査は大変厳しく厳重に行われます。
審査の結果が解るのはだいたい1週間後です。
結果は電話か口頭で伝えられます。
審査結果によっては、残念ながらローンを組む事は出来ません。
審査に通れば、契約に移ることができます。
契約時には指定された書類をすべて揃える他実印・諸費用も用意しましょう。
諸費用はその人の借りる額によって違いますが、いくら用意すればよいか銀行側から指示されます。
一般的には、数十万〜数百万単位の金額がかかると見ておくと良いでしょう。
マイホームの資金調達として役立つ経営者のための住宅ローン受付は、銀行や信用金庫の窓口で承っています。
申請する際には、銀行側から提示される様々な資料が必要です。
結局のところ、35年もの長い期間とプラスで多額の現金を貸すわけですから銀行側は、年収と勤続年数を特に重点的に見て審査をします。
なので、申込をすれば確実に通る。
といった甘い感じではありません。
不合格になってしまう人もたくさんです。
一般的な基準としては勤続年数3年以上、年収300万以上が、第一段階クリアの基準と言われています。
住宅ローンの中には、フラット35という名前のローンがあります。
フラット35の様に、毎月の返済額が変わらないローンは安心ですよね。
フラット35は、35年間、毎月の支払額が変わらないというのが最大のメリットです。
特殊といっても、誰でも申し込みは可能です。
ただ厳しい審査が待っています。
とはいえ、年収や勤続年数など、支払いに関わってくる事はとはいえ、年収や勤続年数などはフラット35の場合、住宅の価値が問われます。
これは、価値がある住宅ですと審査が通りやすく、フラット35の審査は通過するケースが多いと言われています。
住宅を購入する際には頭金が必要です。
頭金無しでも住宅が購入できる!という広告も目にしますが、頭金がなくても確かに購入は可能でしょう。
ただ、頭金を支払わないと月々の返済額が多くなります。
返済を少しでも少なくしたいのであれば、頭金を少しでも最初に支払うのがおすすめです。
頭金の目安は物件購入の20%と言われていますが、住宅には他にも様々な費用がかかりますので20%は目安として、支払える範囲で検討すると良いでしょう。

住宅ローン審査通りやすい?審査の流れは?【おすすめの銀行】