看護師の仕事は大変なことが多い?

看護師は大変なこともいっぱいある仕事ですが、継続しやすい仕事であるとも思われています。
結婚とか妊娠で、一回休みを取った場合も、復職しやすい職業です。
レベルの高い専門性が子育て後の復職のしやすさにつながっていると思われます。
一生、就職先に困ることがないといわれる一方で、離職の割合が高い仕事でもあります。
あまり時間が経たないうちに、辞めてしまう看護師はかなり多いです。
女性がたくさんいるので、一度こじれると面倒で、再就職が簡単なことがあるでしょう。
その他の仕事に比較して売り手市場の看護師は、再就職しやすいので、望んでいる労働条件とかけ離れていたら、退職して、他の医療機関に就職する人も珍しくありません。
学校を卒業したばかりの新人ですとか、転職によって新しく働きだした看護師に、労働に見合うだけの残業手当がちゃんと払ってもらえないことがあるようです。
残業をさせておきながらその分の賃金を出さないでいるということは、経験のない新人だから、という未支払い理由は通用せず労働に関する法律に、明らかに違反していますよねー★勤務時間外の労働である残業も、仕事には違いがありませんので、こなした分はしっかり、働いた人に支給されるべきでしょう。
それ以前は男の看護士に限って、士という文字を使用していました。
ですが、現在は男性の看護師や女性の看護師でも、看護師の仕事をしていれば、師と言う漢字を使うことになっていますよねー★看護師、看護士を同時に使用していると、トラブルが発生する場合も考えられるので、一つに変更されたのだと思います。
一般的に看護師の職場というと病院を思い浮かべますが、その病院といっても様々な科を併設した総合病院から町医者までかなり違いがあります。
あるいは、介護施設や保育園などに常駐する看護師もいます。
一般企業においても給料が会社ごとに違うもので、同じことが看護師にも言えます。
町医者と総合病院とでは、どうしても貰える給与に違いがあるのです。
ですので、一口に看護師といっても、平均年収はいくらなのか、という質問に答えるのはなかなか難しいものだと思いますよねー★