光回線の契約もクーリングオフできます

近年になって、光回線の業者の人が高齢者の住む家を訪問し、勧誘をかなり強引に迫ったり、判断力の劣りつつある高齢者を口先でうまく言いくるめて契約をさせるなど、光回線に関連した契約トラブルが多くなってきています。
そのような事態を鑑みて、総務省から契約から数えて八日以内であれば解約ができる光回線の契約に際しクーリングオフ制度の導入を2015年に行う方針を明白にしました。
プロバイダは多数あり、選ぶ方法も人それぞれです。
と言っても、キャッシュバックキャンペーンがあったり、無料で使用できる期間が数か月あったり、毎月の利用料がとにかく安い会社にすぐ決定するのは失敗の元でしょう。
ネットを使う用途にもよりますが、通信スピード、安定性等を重視するべきでしょう。
プロバイダを決める場合には事前にその評判を確かめておくのがお勧めだと思います。
プロバイダを選ぶときに大事なのは安定して接続ができるのか、安定した速度を維持できるかなどですから、しっかりと確かめて下さい。
地域によっても違いが出てくるので、自分の暮らしている地域情報もチェックしておくのが良いです。
光回線を使用しているのならIP電話を活用してみるとお得で利便性があります。
使用するのは光回線なので、一般の電話回線と同じように音声データを何度も交換機から中継しなくてもよいのです。
だから、電話料金がかなり安くなり、契約したプロバイダによって差はありますが、月の料金が一般の電話回線よりも安くなることがほぼ全部です。