アルバイトやパートで働ける看護師の求人もあるってホント?

時として、看護師は非正規雇用でアルバイト、パートで労働することもあります。
その際、重要度が高いのが1時間あたりの給与ではないでしょうか。
基本的に、パート、アルバイトの看護師は正規雇用と比較して待遇面で劣っている事が多いですから、せめて時給くらいは高くないとやりがいが見つけられないですよね。
可能な限り、高い時給が嬉しいですよね。
多くの看護師は夜間の勤務を経験していますが、夜勤によって心身に悪影響が及ぶような場合、日勤だけの勤務が可能なところに転職するのも選択肢の一つです。
重要なポイントとして、夜勤労働の手当てが入らなくなるので、夜勤で働く看護師より収入が減ってしまう事がほぼ確実なのです。
現在の年収を下げてまで日勤を重視するのかどうか、じっくりと考えて決めましょう。
全国の看護師の一年間の収入は平均すると437万円あたりです。
しかし、国立、私立、県立などの公立病院で働いている看護師は、公務員として働いているため、年収を平均してみると593万円ほどになります。
公務員看護師は給与がよくなる率も民間病院と比べて高く、福利厚生も完備しています。
準看護師の待遇をみてみると、看護師と比較すると平均年収が約70万円低いです。

看護師は面接の結果待ち状態で併願可能?【転職時の不安解決】